名人

どんな仕事であっても、名人と呼ばれるのは嬉しいもので、誰もがその道の名人を目指します。とは言え、名人になる為には高い持続的意識と長い年月における精進が必要です。一朝一夕にはなれません。
しかしながら、サービス業においてはそれほどでもないことが案外多いのです。標準的な結果を出せる技能と知識があれば、説得力のある説明で名人になれます。
例えば、医者。病状や病名、治療の方針や計画、経過、治療後の生活指導など。気持ちよく患者さんを納得させる術。所謂、インフォームド・コンセントをしっかりすれば、信頼され名医と呼ばれるようになります。
弁理士も同様です。明細書作成においても、強くて広いクレームであることは重要ですが、クライアントがそれに気付かなければ努力と力量が陽の目を見ることはないでしょう。

名弁理士と言えば、お一人での事務所経営ですが、名弁理士との誉れ高く、大手企業も含めて多くのクライアントのハートをわしづかみにしている、友人のN弁理士がいます。
兎に角、良い意味で口が上手です。明細書作成後や発明相談を受けた際の説明で、クライアントの皆様を虜にしています。説明のポイントが的確でクライアントのレベルや立場も考えた説明。相手に合わせて変幻自在です。ただしお世辞は一切言わないヒトです。
いつも、「さすが、N弁理士!と唸らせられています。
彼の明細書を分析したわけではないので、その能力を把握しているわけではありませんが、説明のうまさで名弁理士と呼ばれ、多くの発明者から指名されています。
ますます競争が激しくなる、これからの弁理士業、コミュニケーション能力で差別化を図る必要がありそうです。

それ以外では、「メラビアンの法則」ですね。
営業の世界では見た目が9割を決めると言われています。イケメン若しくは別嬪である必要はありません。よく言われるのは清潔感溢れた服装ですが、私は姿勢や表情が何より大事と思っております。
安心&信頼できる、余裕のある姿勢と表情。
このふたつ、これからの名弁理士には必須アイテムですね。

みなさん、頑張ってください!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック